読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むちんブログ

むちんのブログだよ。飽きたらやめるよ。

DQ10で災厄を倒しに行った話。

災厄の王を倒しに行きました!

f:id:curenameko:20160525091846j:plain

災厄、それはレベル上限を開放しに来た人が遭遇する恐怖。

災厄、それはマッチングできないぼっちへの洗礼。

災厄、それは既に季節イベントのネタ枠に入るようなにくいアイツ。

 

 

災厄は2パーティーを組み合わせて進む大掛かりな

マッチングを前提とするコンテンツなので、

ひとりだとどうしても組むのに時間がかかってしまいます。

前回、あまりにもマッチングできず逃げ帰って来たことを

ブログに書きました。

 

この記事を読んで、パ〜リなぃちゃんが言いました。

「むちんを災厄に連れて行こう!」と。

 

 

DQ10の中には『ルーム』と呼ばれるチャットシステムが

あります。

そこに入ることで、フレンドやチームメンバーではない人たちが

同時にお話しできるという便利なチャット。

自分でひとつルームを立てることができ、

他の人のルームにも同時にいくつかまでは入ることができます。

 

 

f:id:curenameko:20160525102526p:plain

 

 

パリなちゃんの勧めで、むちん災厄会なるルームを結成。

twitterでリプライを見た精鋭たちが「むちんを災厄に!」と

続々集まってくれました。

何これ、あったかい……何みんな……すき……。

でも、こんな風にたくさんの人で遊ぶのは初めて。

オンラインゲーム初体験むちんとしては、

ここで下手を打ってみんなに不快な思いをさせたくないという

別の悩みに苛まれました。

特にむちん、くっそ弱いからね!

もう迷惑かけることは大前提だからね!

本当申し訳ないなきそうしにたい……みたいな顔で

必死に連絡資料を作りました。

 

 

今回も前回のチムイベ同様えばので管理。

進行台本こそ作らなかったものの、スケジュールからチーム分けまで

一括管理できて楽でした。

ラーコちゃんには「まじめか!」ってつっこまれまくりました。

フヒッヒ。

 

 

こうして2週間ほど準備を進め、

いよいよ災厄が明日にせまったという時でした。

ラーコちゃんが新たな風を巻き起こしたのです。

f:id:curenameko:20160525103534j:plain

ラーコちゃん「むちんちゃんの隠れファンがおるねん」

むちん「かかかかかか隠れファン!?」

 

 

f:id:curenameko:20160523150145j:plain

じゃーん。こちら、隠れファンのソラくん。

全裸のプクリポくんです。

隠れてないで出ておいでよ……。

どうやらソラくん、今回の災厄の話を聞きつけて

手伝いたいと言ってくれたのです。

まじかよ……なんなの……みんな天使なの……。

ありがとうございますありがとうございます!!!!!!!!!

 

 

こうして、むちん災厄会が集結したのです!!!!!!!!!

f:id:curenameko:20160525104328j:plain

スケジュールや人数の関係上、昼の部と夜の部にわけてスタート!

昼に集まってくれた愉快なメンバーがこちら!

左上からあまほちゃん、なおきちん、

パ〜リなぃちゃん、むちん、スザクちん、パイナぽぅちゃん!

あれソラくんいないじょん? って思うじゃん?

 

f:id:curenameko:20160525104733j:plain

この右上のイケメン、なおちんがソラくんです。

 

 

f:id:curenameko:20160525104808j:plain

写真を間違えました。なおちんが、ソラくんです。

プクリポ好きのドMボーイ。それがソラくんの正体でした。

 

 

f:id:curenameko:20160525104903j:plain

昼の部は、いわゆる旧災厄を倒しに行きました。

パリなちゃんにBチームのリーダーをお願いして、

マッチング!

もう、この中に入れただけで「あっやりきったわ」感があったむちん。

動き出すなんかちょっと虫っぽい気持ち悪い災厄さん。

ひええええええこわいよおおお顔怖くて関節きもいモンスターだめ

なんだよおおおおおかえりたいよおおおおおおおおおお!!!!!!!

と半泣きのむちんに対し

「余裕でしょ」

「いけるいける」

「とどめはむちんちゃんに!」

と、余裕の精鋭たち。やばい。かっこいい。もらしそう。じょばぁ。

 

f:id:curenameko:20160525105732j:plain

スザちんが踊る! あまほちゃんが呪文を唱える! なおちんが飛ぶ!

パリな&パイナのパリパイコンビがすごい勢いで

災厄さんのHPを減らしていく!

むちんもスーパーハイテンション! とどめはもらうぞ!

災厄やろう!

 

結果は……パリなちゃんのブログに詳細が!

あ、あはは……あは……。

うん! ありがとう!!!!!! ありがとう!!!!!!!!!

無事に、みんなのおかげで危なげなく旧災厄を倒せました!

わああああああああ! うれしいいいいいいいい!!!!!!!!

 

 

f:id:curenameko:20160525105543j:plain

ここで昼の部メンバーは解散!

後半戦の真災厄に向けて、むちんはクエストの旅に出かけました。

スザちんは夜の部まで時間があるということで、

ずっと落陽の草原に残ってむちんがうろちょろするのを

チャットをしながら見守ってくれました。えへへ。

むちんも戻って来る度にスザちんにいいねしてました。

なんかたのしかったこれ。

 

f:id:curenameko:20160525110027j:plain

ながーいクエストの末、なんとか真災厄まで

たどり着くことができました!

そして、夜の部のメンバーが続々と集まり始めます!

 

f:id:curenameko:20160525110116j:plain

むちん、スザクちゃん、ウズラーコちゃん。

3人お揃いの服を着て待ちました。

 

 

f:id:curenameko:20160525110203j:plain

「この角度、ちゅーしてる写真みたい」

 

f:id:curenameko:20160525110251j:plain

夜の部のメンバーはこちら!

アリエルちゃん、コウランちゃん、なおちん、

ラーコちゃん、むちん、スザちん。

豪華メンバーによる真災厄の競演が始まった!

 

 

f:id:curenameko:20160525110451j:plain

まずは旧災厄っぽい本体を撃破!

ウランちゃんの技がサクレツ!

安定の勝利!

しかし、これだけは終わらない真災厄!

 

f:id:curenameko:20160525110552j:plain

奥に逃げる災厄の王を追い、ダンジョン的なところを進む!

でっかいのとかちっさいのとかが襲いかかって来る!

むちんもがんばってきりさきまくりました!

 

f:id:curenameko:20160525110645j:plain

戦闘でいっぱいいっぱいのむちんに対し、

ラーコちゃんやコウランちゃんが白チャットで盛り上げてくれます。

スザちんやアリエルちんの合いの手!

なおちんの奇声が響き渡る!

ああ、人とパーティーを組んでるんだなぁと実感します。

怖い戦いも、こういうみんなのさりげないひとことで

気持ちがすごく盛り上がるなあああああ!

白チャットってだいじ!

 

f:id:curenameko:20160525110956j:plain

そして、姿をあらわす……真災厄の王!

ひいいいいいいい!!!!! より虫っぽくなってるうううううう!

こわいいいいいい!!!! 顔こわいよおおおおおお!!!!!

帰りたいよおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!

 

 

f:id:curenameko:20160525111622j:plain

でもみんな頑張ってる! がんばれ! がんばれ!

むちんもがんばるううううううううううう!!!!!!!!

せっかくみんな集まってくれたんだ!

せっかくみんなで遊んでるんだ!

楽しむぞおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおんんんん!!!!!!

そして……!!

 

f:id:curenameko:20160525111928j:plain

無事! 撃破あああああああああああああああああああ!!!!!!!!

うわあああああああんんんんんんんん!!!!!!!!!!!

みんなありがとおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!

 

 

マッチングこわくて諦めたむちんがここまでこれたのも、

お手伝いを申し出てくれたみんなのおかげです……!

本当にありがとう!

うう、オンラインゲームすごい……!

8人体勢で行くボス戦は、みんなでわいわいできて

本当に楽しかったです!

もう本当に感謝しかない!

ありがとう! 超楽しかった!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

さーて、災厄も終わったことだし。

そろそろ次のストーリーに……。

f:id:curenameko:20160525112957j:plain

「むちんちゃん、むちんちゃん。縛りプレイ……しない?」

 

 

To be continued...